ネイリストになれる|ネイルスクールで学ぼう

試験を受ける

髪の毛

ヘアメイクとして働くには、必ずしも資格が必要とされることはありません。資格がなくても働くことができます。ですが、資格を持っていた方が良いといえます。ヘアメイクアップアーティストとして有名な方は、資格を持っている方が多いといえます。資格があれば、知識が豊富になりますし、それを活かして実力を発揮することができるでしょう。資格を持っている実績のある方であれば、就職活動がしやすいといえます。ヘアメイクアップアーティストの求人には、経験や知識がある方の方が優遇されやすいといえます。資格を取って憧れのヘアメイクアップアーティストを目指しましょう。

ヘアメイクアップアーティストとして働く際には、テレビや雑誌などに関係する仕事が多いと思われている方もいるでしょう。しかし、ブライダルやサロンでも活躍することができます。ブライダルであれば、花嫁や花婿のメイクや髪型を衣装に沿って仕上げられます。また、お客さんの依頼があればそれに沿ったメイクやヘアをアレンジしてあげることができるでしょう。様々な経験を積むことで、有名なアーティストとして日本国内だけでなく、海外でも活躍の場を広げることができ、技術だけでなく感性を磨けるでしょう。

ヘアメイクの資格は筆記が30分、実技が60分になっています。また、ヘアメイクの資格には、3級から認定講師までがあり、自分のレベルにあった試験を受けることができます。3級の内容としては、テキストで勉強した基礎的な問題が出題されるので、しっかり勉強していれば比較的に取りやすい資格です。ですが、階級が上がるとなると難易度がアップしていきます。また、1級を受ける際には3級と2級を取得していないと受けられないので注意しておいた方が良いでしょう。